a0001_016189

独身一人暮らしの在宅ワーカーにアドバイスしたいこと7つ

 

仕事やプライベートでバタバタしており、久しぶりのブログになってしまいました。
また細く長く続けたいと思いますのでよろしくお願いいたしますね。

最近、他のブログで在宅ワーク関係の記事をよく読むので便乗して一人暮らしで在宅ワーカー歴1年の僕なりの経験を書きたいと思います。

しばらくブログを書けなかった大きな原因は仕事がバタバタしておったからなんですが、私達(IT系)は納期に追われる仕事。
納期直前や仕事が多い時はどうしてもひきこもりがち、精神的に追い込まれがちです。
特に僕の場合は仕事で切羽詰るとプライベートが破綻するという性格のようで(笑)似たような環境の方に参考になれば幸いです。


毎日誰かと仕事以外の人と会うもしくは仕事と関係ない会話を誰かとする


今思えば、元々一人暮らしでも一番環境が変わったのはここだと思います。「本当に一人になる時間が圧倒的に増えること」
会社勤めの時には嫌でも同僚など他人にあって自然に会話が発生していましたが、在宅の場合、それがなくなります。
実はこの何気ない会話というのは非常に重要だなぁと身をもって知りました。

僕の場合は元々いくら一人でいても平気な性格ですが、それでも在宅で仕事をするなら必ず毎日誰かと話しをすることをおすすめします。

なぜかと言うと、24時間仕事の事が頭から離れないんです。食事の時も風呂の時も寝る時も。
頭の休憩時間がなくなるんです。これは気づかない内にどんどんやる気と集中力を失わせ、結果非効率でだらだらとした仕事の仕方をしてしまいます。

恋人、友達、家の近くに行きつけの店を見つけてそこの店の人とでもいいので1日1回誰かと「雑談」をすることをオススメします。

無駄と思うこと全て無駄ではない、ということを思い知らされた経験でした。



「仕事の時間を増やすことが仕事をたくさんこなせる事」になるという事ではない


これは自身にも言い聞かせていることなんですが、納期や仕事量が増えるとどうしても仕事時間は増える傾向にあります。
しかし、やはり単純に仕事量を増やせば生産的で効率的な仕事が出来ればと言えばそうではないと思います。

寝て起きては仕事、限界がくれば布団に潜り込む。
ではなくてやはりきちっとした生活のリズムを維持する必要があるかと思います。



仕事より「プライベート」を優先させる


プライベートとは遊ぶこと、友人に会うことはもちろんですが、食事・睡眠・家事なども含んで仕事以外を「プライベート」という定義で記述します。

仕事はほっといても期日が決まり、またやらなければいけません。
やらないといけない仕事が溜まれば溜まるほど、やらなくてもいいプライベートはどんどん置き去りになっていってしまいがちです。

そういう場合は食事や睡眠もある程度時間を決めることをおすすめします。
プライベートの時間をしっかり決め、「この仕事が終わったら寝よう」ではなく「夜12時までには寝たいからこの仕事を絶対終わらすぞ」というプライベートをする時間を仕事の区切り時間にするとより効率よく仕事をまわせていけるかと思います。



業務開始時間を決め、朝一番は自分の一番好きなことをする


よっぽど朝大好き、朝に強い方以外はどうしても夜型になりがちです。
僕も朝は起きられないので自分で業務開始時間を決め、朝食・掃除などを覗いた業務開始時間を自分の好きな事をする時間に設定しています。
朝一から漫画とかビデオとかよく見ています。(笑)
上で書いた「プライベート」を優先させるということですね。

なぜ僕はこうしたかというと生活のリズムを整えたいのですが、僕も朝起きるのが苦手なので自分自身に餌を与えることにして朝起きられるようにしました。
後、朝起きられない人は「起きる」のではなく「目が覚めたらとりあえず布団の中から足を出す」という事を意識されると上手く起きられるかもしれません。

これは「朝起きる」という目標設定が高すぎるので「足を出す」→「布団をめくる」→「目を開ける」といった風に目標を低く設定してこなしていくという風にしていくと起きやすいかと思います。



毎日1時間はウォーキングもしくはジョギングする


朝早く起きるのと適度な運動をするだけで睡眠の質が本当に上がります。
在宅ワーカー以外の方でも是非お試しあれ。
トレーニングやダイエット目的の方は歩く前に筋トレをするとより効果的らしいです。



投資時間の確保もお忘れなく


今まで仕事、プライベートのバランスについて自分なりの経験を書きましたが、通勤時間を投資時間に使っていた人などは投資の時間もプライベート時間の確保より意識を上げて確保しないと難しいかと思います。
僕の場合は長距離の出張や土・日や風呂の時間などを活用して身体のメンテナンス(マッサージなど)や移動時間など使ってできるだけ確保するようにしています。



一週間に一日は仕事をしない日を決める


僕はどちらかというと仕事が好きな人の部類に入ると思いますが、どんな仕事が好きな人でも納期間際の切羽詰っている時以外にはこういう日を設けた方が良いと思います。
僕の場合は日曜日は基本、全く仕事をしないか今かかえている問題や提案内容(手は使わない頭の中でぐりぐり考える仕事)を中心にしています。

プライベートの時間をうまく活用して効率よく仕事をこなしたいですね。
それではまた。

 
 
Category
雑記
Tag(s)
 

コメントを残す




Trackback URL