noimage

「Yahoo!JAPAN、Googleの検索エンジンと広告配信システムを採用」についての個人的な感想というより段々話がずれている

 

Yahoo!JAPANがGoogleの検索エンジンと広告配信システムを採用するという非常に大きなニュースが飛び込んできましたね。

すでに多くのブログやTwitterでこの話題を上げられていますが、私も個人的な感想を。

テクノロジーSEOの終わり

一番最初に思ったのは日本で言われているいわゆるSEO(テクノロジーというか小手先SEO)の終わり。
検索エンジン最適化(検索結果に対しての最適化)という言葉は残るし、必要だとと思いますので「SEO」という言葉自体は消えないと思いますが、中身のないサイトに今のSEO対策をしたところで順位あがらんよ、って事になるのかなと。
というかローカライズパーソナライズ化が進む中で何をもってしてSEOの成功か否かという判断が非常に難しい。=ビジネスとして成り立つのは難しいのではないかと。

Web業界のエゴ(というよりSEO業者のエゴ)でSEOという言葉は残り続けると思いますが、検索エンジン側の思考とSEO業者のエゴとクライアントの意識に今より大きな差が生まれ、個人的には非常に面倒くさい状況が続くので若干テンション下がっているわけですが(笑)


中小企業や個人には今よりチャンスは多くなる


このブログを読まれている多くの方はご存じの方が多いかと思いますがGoogleはすでにTwitterのつぶやきを検索結果に表示させています。
検索エンジンとしてはTwitterだけでなく、今後ますます個人でフィルタリング(評価)されたWeb上のエントリー(ソーシャルメディアで評価されたエントリー)に対してそれらを整備して表示させる方向に向かうのではないでしょうか。

脱テクノロジーSEOがもたらすものは中小企業や僕のような個人ブログまで今まで以上にチャンスを与えられるということ。
始めたばかりのこのブログもソーシャルメディアの恩恵を非常に受けております。
いわゆる被リンク対策やら内部対策やらというようなSEO対策は全く行っていませんが(被リンク対策なんてできないですしね。。。検索エンジン最適化は行っています。不十分ですが。)それをやっていた時代よりも早く、多くのこのブログの評価をフィードバックしてもらっています。

チャンスを与えられられる半面、ちゃんとWebサイトを運用しないとその恩恵は受けられないので上記の脱テクノロジーSEOの面も含めて今後クライアントへのアプローチの仕方も含め色々Webディレクターとして考え直す必要がありなと考えています。

独占市場になるのが心配


話がずれたので強制的に戻します(笑)
Yahoo!JAPANがGoogleを採用するとなるとユーザーにとって検索エンジンの選択肢が非常に少なくなることと、ちょっとした手違い(早計なテクノロジーSEOに走った若気の至りを含む)、またはGoogleのバグである企業のWebサイトが表示されなくなるとそれはWeb上から抹殺されるに等しいという状況は好ましくないとは思います。

 
 
Category
SEO
Webサービス・ソフトウェア
ニュース
Tag(s)
 

コメントを残す




Trackback URL