noimage

「Yahoo!JAPAN、Googleの検索エンジンと広告配信システムを採用」についての個人的な感想続き

 

今朝、「「Yahoo!JAPAN、Googleの検索エンジンと広告配信システムを採用」についての個人的な感想というより段々話がずれている」を投稿したばかりですが、ブログを書いた後に思い直したところがあるので再エントリー。

今までのYahoo!JAPANの検索エンジンシステムがそうだったように、今回もYahoo!JAPANの「ベース」がGoogleエンジンになるだけでは?、と今朝のブログを書いた後にすぐに思い始めた。

プレスリリースを再度検索しなおしたところ以下の記事を見つけた。
ヤフーとグーグルが提携、アルゴリズム検索技術にGoogleを採用::SEM R
Googleとヤフーが提携、Yahoo! JAPANの検索エンジンがGoogleに | ネット | マイコミジャーナル

「米国でのYahoo!同様に、検索結果のUIはヤフーがコントロールし、バックエンドをGoogleが担当する。従って、自然検索結果はGoogleと同等になる一方で、外観はヤフー独自のものが採用されることになる。検索”サービス”はヤフーが開発、検索”エンジン”はグーグルが担当、という意味だ。同社の強みである、オークションやショッピング、知恵袋といった独自の編集コンテンツの結果は、Googleの検索結果に統合して表示されるようになる。」

「ヤフーはYahoo! JAPANのサイト上でカスタマイズしたGoogle検索エンジンを同社のユーザに提供し、一方でGoogleはオークションやショッピング、知恵袋といったコンテンツをGoogleの日本語検索結果に加えることになる。」


やっぱり。Googleという実績のある検索システムを採用するだけでそれらを加工、表示するのはヤフーが決定する。
リアルタイムの反映やらソーシャルメディアの反映を加味した研削エンジンは採用するが、それらをベースにどう位置づけるかはヤフー次第。

現在、ヤフーは検索エンジンに多くのバグを抱えているというがそれが解消されるだけで「オークションやショッピング、知恵袋といった独自の編集コンテンツの結果は、Googleの検索結果に統合して表示されるようになる」ことからむしろ純粋なSEO(順位を上げる目的とするSEO)のみを考えた場合、今以上にYahooにお金を落とさないと難しくなるのではないかとも思う。

今朝投稿した内容の「検索エンジンに頼らない集客」は可能になっている事は確かだと思うが、検索エンジンから生みだされる膨大なデータを利用して収益を生んできたGoogle、検索エンジンそのものを使って収益を生みだしてきたヤフー。
両社のビジネスモデルから検索エンジンだけをみると「脱テクノロジーSEO」とは言い換えれば「資本主義」のような気がしてきた。

 
 
Category
SEO
Webサービス・ソフトウェア
ニュース
Tag(s)
 

コメントを残す




Trackback URL