noimage

WebプログラマーがWebディレクターになるために必要なスキル

 

以前、Webデザイナー出身のWebディレクターに必要なスキルというエントリーを投稿しましたが、今回はプログラマー編です。

一昔前は一から十まで全部一人でこなしていましたが、現在はWebサイトも複雑なシステムが要求されることもしばしば今やインタプリタ(PHP)などをバリバリやられているプログラマさんも多いのではないでしょうか。

ちなみにどちらかというと僕もプログラマー系Webディレクターのような位置づけです。
自身の過去お会いした同業種の方でプログラマー出身のWebディレクターというのは絶対数が少ないような気がします。
日本の開発環境にも大きく左右されていると思いますが、そのままSEになられることが多々あると思います。

ただ個人的にはプログラマー系ディレクターは絶対数が少なくの割に需要は多くあり、今後もその傾向は増えていくと思いますので、今、Webプログラマーをされている方はディレクターになる勉強もされてはと思います。
重宝されると思いますよ。

前振りが長くなりましたが、本題に


画面設計(IA)までは必須


システム用語で「外部設計」または「画面設計」という言葉がありますが、ここでいう画面設計はWebサイトの目的(ゴール)まで到達するまでのクリック数や掲載する情報の整理などを示します。(インフォメーションアーキテクチャ)
言葉で説明するのが非常に難しいのですが、ばりばりのシステムといわゆるWebサイトは少し画面設計で注意する点が違います。
ユーザーは○クリックで離脱率が急激に増加する、TOPページで男性はまずサイト内検索、女性はバナーを探し出す・・・など
ユーザーの一般的な行動パターンなども知識に入れておかなければいけません。
実際のデザインはデザイナーさんに任せるとしても画面設計までは直接クライアントと話ができるWebディレクターが担当した方が案件がスムーズに流れやすいかと思います。


Webデザインと色彩、配色の知識


僕も非常に苦しんでいて、未だに苦しめられているのですがプログラマーさんにとっての難関だと思います。
自分で作れれば一番良いのですがデザインはプログラムとは違いツールにお金がかかるというのも大きなハードルだと思います。
ただ現在ではオンラインで無料でそこそこ使えるサービスもありますのでまずは勉強・・・という方は以下のようなサービスをご利用ください。
Free online vector editor – Aviary.com's Raven
Photoshop.com

あとは色彩、色が持つイメージ(緑は安心、信頼など)はすぐ覚えられるので(というより大抵の人は色に対するイメージは大抵同じだと思うので)
下記のようなサイトを参考にしながら請け負った業種のライバルサイトがどんな色かをチェックする癖を身につけるとよいかと思います。
WEB制作・ファッション・インテリア・デザインに役立つカラー配色事典
配色パターンからWebデザインを考える | Webクリエイターボックス

プログラマーの方の多くの方がデザインはセンスだと思っていらっしゃいますが、それは全くの誤解で、商用デザインの場合は知識、訓練でカバーできる部分も多いと思います。
センスだとあきらめる前に自分のブログのデザインでも良いので一度チャレンジされてみてはいかがでしょうか。

集客方法などの「広告・Webマーケティング」の知識も


SEさんとWebディレクターとの必要とされる能力で大きな違いがこの部分になります。
Webディレクターとは幅広い色々なジャンルの知識が必要なので色々な勉強をしないといけません。

プログラマー系ディレクターの最大の武器はしっかりとしたシステムの要件定義とその成果物+そのシステムに集客ソリューションも提案できるというところが非常に需要が多いのでそこを目指して勉強・実務をこなしていけばよいかと思います。

具体的な書籍の紹介などはまた別の機会で投稿したいと思います。

 
 
Category
Webディレクション
勉強方法
Tag(s)
 

コメントを残す




Trackback URL