noimage

Webディレクターになるためには?

 

よくWebディレクターになるためにはどうすれば良いのですか?とか
私はデザイナーなのでプログラムはさっぱりなのでディレクターにはなれませんか?という質問を若い技術者の方からいただくのですが
僕はWebディレクターは中間管理職と思っています。

上司(社長)、部下(デザイナー、プログラマー)、顧客の間に挟まれ潤滑油のようにプロジェクトを運転していく必要があります。

Webディレクターのタイプ


現在、Webディレクターとひとくくりにされていますが、Webディレクターの中にも様々なタイプ(出身)があり、

  • 営業系・出身(セールスWebディレクター)
  • コンサルタント系・別業種出身(コンサルタントWebディレクター)
  • デザイナー系・出身(アートWebディレクター)
  • プログラマー系・出身(テクニカルWebディレクター)
に分かれると思います。
ちなみに僕はこの中でいうとテクニカルWebディレクターでしょうか。(営業とコンサルは苦手・・・)

個人的にはどのWebディレクターも今のWeb制作会社やクライアントに求められるスキルばかりなのでバランスよくスキルや知識を身につけていく必要があると思いますが、やはり資質やそれまでの経験によってほとんどの方が偏ると思います。僕もそうです。

Webディレクターに必要とされる共通能力


ただ「Webディレクター」の仕事として持っていなければいけない共通のスキルとして

案件管理能力
一言でいうと責任感ですよね。僕も何人かWebディレクターの知人と付き合いがありますが、夜中であろうが日曜であろうがトラブルがある場合は対応しています。(メールでいついつ対応しますというクライアントへの対応とプロジェクトメンバーへの指示、上司への報告)管理職なのでこのぐらいの覚悟と対応は必要かと思います。
また予算通りの工数で進行しているか、など数字面で案件が回っているかも意識を向ける必要があります。

スケジュール管理能力
プロジェクト管理に一番必要な能力だと思います。またスケジュールの管理は自身や部下だけでなくクライアントのスケジュールも含まれます。
クライアントが締め切りに遅れそうな時にも「○○日の○○時までにご提出いただかないと納期には間に合いません。」などの連絡を行う必要があります。

コミュニケーション能力
Webディレクター兼デベロッパーとして活躍されている方も多くいらっしゃるかと思いますが(僕もそうです。)
ついつい自分の作業を優先してしまいがちですが、Webディレクターの本業は「案件をトラブルなくスムーズに進行し、納期通り完了すること」ですので、自分の作業を後回しにしても部下への指示出しや上司への報告、時にはクライアントへの確認など「連絡」中心の業務になることに慣れ、また「連絡」という業務を最優先して考えて行動する必要があります。

[10.0716 追記]
一番大事な項目が抜けていたので追記します。

クライアントの教育
今のWebの案件には売上をあげていくというコンサル要素と

  • クライアントの教育
  • クライアントのモチベーション管理

が今の多くのクライアント(特に中小企業)が求められていることだと思います。

例えばブログを書くからブログ機能を追加して納品すれば全然ブログ書いていないやん・・・
って経験ありませんか?
少し前まで僕も書かないクライアントのせいと思っていたのですが
あるセミナーを受けて少し考え方が変わりました。

「教育」とはブログの書き方というテクニカルな部分はもちろんですが
  • Webは時間を書けてコツコツ育てていくもの
  • 相見積もりだけの確度の低い見積もり依頼が多くあること
  • Webの問い合わせには心ないお客からの問い合わせもあること
中小企業の社長さんなどは「Webで成功すれば売上あがる」といういいところしか見られていないのでなどWebの「悪いところ・苦手なところ」もちゃんと経験してもらい、「Webの特性」を知っていただく必要があります。
その為にはオープン後のWebサイトをクライアントと二人三脚で育てていく必要があります。

またブログを更新しないクライアントですが、オープンしたてのブログを更新し続けるということは一人で電柱に向かってしゃべっているようなものです。
たまに平気な人もいますが、そんな人はごくごく稀で大抵の人は忙しいし、結果がでないし、もういいやとなってしまいます。当然だと思います。

人間はやはりちょっとでも反応がないとしんどい作業は続けられません。
特にWebという中小企業の社長さんにとっては新しい分野だとなおさらだと思います。

Webディレクターとしては同業種の社長さんのブログを見つけてきてコメントを書いてもらうなどしてもらいブログの「双方向性」やWebの「開かれた世界」を体験してもらい、ブログを続けてもらう施策が必要だと思います。


以上が「Webディレクター」に必要な(求められる)能力だと思います。

書いてて僕も全然足りていないなぁと思いました。(^^;
もっとスキルを身につけないと!

これからWebディレクター目指す方に参考になれば幸いです。

 
 
Category
Webディレクション
勉強方法
Tag(s)
 

コメントを残す




Trackback URL