a0002_009497

これからWebディレクターになる人向けWebディレクション参考書籍5冊

 

このブログのコメント等で参考書籍を教えてください的なお問い合わせ等をたくさんいただいたので私的にオススメな書籍を紹介したいと思います。

まずはこれからWebディレクターになる人向け、またはWebディレクターを目指されている方向けの書籍です。
技術的な事というよりこういう仕事なんだとかWebディレクターの概要を掴んでいただければと思います。
下記の書籍を基にご自分のストロングポイント、ウィークポイントの範囲をそれぞれ学んでいただければ良いかと思います。


特典でネットから契約書のサンプルなど落とせたりするので最初重宝しました。
これからWebディレクターになる人、独立をお考えのSOHOさんなどにオススメです。



内容はほとんど同じですが、一番最初の本より新しい情報が記載されています。
このシリーズは図などが積極的に使用されており、直感的に流し読みできるので移動途中などでさくっと読める感じに仕上がっています。



プログラム未経験、苦手という方も多いかと想います。しかし今Webはプログラミング的な要素は切っても切れないほど親密な関係になってきています。
自分自身で技術を身につけるということももちろん必要かと思いますが、営業系、コンサルタント系のWebディレクターさんにも読んでもらいたい一冊です。



Webサイト構築における「情報設計(Infomation Architecture)」を視点をおいた書籍です。
私的にはWebに関わるならまず「情報設計」を学んでいただきたいと思っています。
DTP畑の出身の方などにおすすめです。



HTML5の勉強をしようと思って買ったらインターネットやブラウザについての歴史も書いてあり、隠れた良書と思ってます。
最新技術を学ぶことも大事ですが、歴史を学び、先見力を養うトレーニングも必要ではないでしょうか。

参考になりましたでしょうか。
分り易すぎるアフィリ記事ですいませんでした。


それではまた。

 
 
Category
Webディレクション
マネジメント
勉強方法
書評
Tag(s)
 

コメントを残す




Trackback URL

2件のコメント

  • hayshi
    2011年6月15日 00:12
     

    ありがとうございます。参考にさせて頂きます。

  • 多田 英敏
    2011年6月15日 00:14
     

    hayshi様

    参考になれば幸いです。頑張ってください^^