noimage

Web屋なんて100均のボールペンほどの価値しかない

 

過激なタイトルですいません、全国の制作会社さんに怒られそうですが・・・勇気を持って感じていることを。

不景気でWeb業界に人がなだれこむ

リーマンショック以降、あるいはそれ以前から「Web制作やり始めましたとか」兎に角新規参入が多いこの業界。
フリーランサーの方の数を見て分かる通り個人からシステム会社から中にはまったく関係ない業種までこっちを向いてもあっちを向いてもライバルだらけの世の中になってきました。


お客さんから見たら全部同じ

タイトルのWeb屋とはまさしく「Web作れます」だけの人たちも含めお客さん目線でみると今や「掃いて捨てるほど」Web屋はいるのだと思います。

事実、僕自身の経験の中で「御社の方が近いから」「安いから」という理由でお話をいただいた案件も少なくありません。
まるで少し書きづらい、インクの出が悪かっただけで使い捨てすらされずに買い替えられるボールペンのようです。

実際、Web制作をされている社長さんと何人かとお話しましたが全員「Web制作だけなら別に僕らじゃなくてもいいもんね」というお話をさせていただきました。
僕自身も今の若い方の方が僕よりセンスある素晴らしいデザインのWebサイトを作られるのを痛感しています。


100均があふれる世の中だからこそそれ以上の価値を

多くの方がすでにお気づきだと思いますが、100均があふれる世の中だからこそ1,500円のボールペンの価値が分かっていただけ易い世の中だと思います。
作るだけでなく一歩踏み込んだ「何か」が本当のプロのWeb屋には必要です。

小さなWeb屋のビジネスチャンス。CMS物件が放置される近未来 | Web担当者Forum
なぜ多くの中小企業でWebが成功しないのか?
上記のサイトや僕が過去に書いたとおり、

  • Webマスターを必要とされている企業様
  • 社内でIT専門の人を育てたいと思っている企業様
  • 作業効率が上がるITツールやシステムの見直しをしたい企業様
  • 今のシステムが使いにくくうまく活用できていない企業様
  • Twitterなどを使った活用術を教えて欲しい
  • レスポンスが早い担当者とやり取りをしたい
  • 引き出しをいっぱい持っている担当者とやり取りをしたい

など制作から違う目線で見ると「プロ」でしかできないニーズがたくさんあるはずです。
(ちなみに今、僕が担当させていただいている企業様のニーズです。)

Web屋なんて100均のボールペンほどの価値しかない、その事実はしっかり受け止め
「Webのプロ」を名乗っている僕らはそれ以上の価値ですよ、と言えるよう、またお客様からも認められるようにしないといけないと強く思う日々です。

 
 
Category
Webディレクション
サービス精神・心構え
Tag(s)
 

コメントを残す




Trackback URL