noimage

なぜ多くの中小企業でWebが成功しないのか?

 

リニューアルの問い合わせなどでよく「成果が上がらない」「問い合わせが来ない」であったり、駆け込み寺的にご相談をいただくケースがあります。
Webは昔から地方や中小企業の方が恩恵を受けると言われながらなぜ多くの企業がこのような「失敗」をされるのでしょうか。
僕が今まで体験した中での問題点を記述したいと思います。

業者丸投げはやっぱり成功しない

丸投げをしてしまう多くの企業様で「Webの事がよくわからないから」などの理由でよく丸投げをされるケース、またはライバル業者のほとんどコピーサイトのようなサイトが出来上がると思うのですが、「問い合わせを増やしたい」「売上を上げたい」目的があるならそれは立派な営業活動であり、他の営業活動と同様、営業方針、戦略などはもっと会社全体で考え、落とし込まないと機能しません。
丸投げをしたことによりお客様の業務に関して素人である僕らが作ったサイトやライバル業者を真似たサイトであれば存在しなくても価値は同じです。


なぜか勉強されない営業活動

先ほど「Webは営業活動」と書きましたが、なぜか多くの企業様はWebの勉強をされようとされません。
新人の営業マンは「新規営業の仕方」などの本を読み、また管理職に昇進した方は「組織マネジメントとは」などの本を読み、勉強されるのですが、なぜかWebは勉強されずに「分からない」で避けられる傾向にあると思います。
理由としては「難しい」「苦手だから」という理由ですが、「マネジメントするタイプじゃないんだよね~」と言いながらマネジメントの本を読んでる人もいるのですが、なぜかWebにおいてはそういう方はすくない傾向にあると思います。


Webマスターが社内評価されない組織

そろそろ本題に入ってきます。
ではなぜ勉強しないかと言えば、ほとんどのWebマスターが「社内でパソコンに一番詳しい人」であったり、そういうノリで決められたものであり、一般社員が任されるケースが多くあります。
一般社員が「Webマスター」の役職を与えられることにより

  1. Webマスターの社内的権限がない
  2. 成果を収めても評価されない業務
  3. ついで業務(本職でない業務)

という問題点が出てきます。
特に「1.Webマスターの社内的権限がない」というのが大きな問題で「マネジメントするタイプじゃないんだよね~」と言いながらでも勉強する、しないの境目はこんなところにあるのかなと思います。
権限を持たなければ「2.成果を収めたとしてもどの程度評価されるのか分からない」。それではやはり「3.上から押し付けられたついで業務」となる可能性は多くあります。

僕はWebマスターは部長、課長クラスの人材がWebマスターに選任されるべきと考えています。
理由は上にも述べた「営業活動の一環である」ということ。
方針や目標値は部長、課長が決めていると思うのですが、なぜWebは一般社員が決めるのでしょうか。


制作会社側に「顧客の教育」という概念が希薄であること

これは僕も大いに反省すべき点なのですが、電気屋の店員さんなどは「こんなプリンター欲しいんだけど」とか「この新しいプリンターは何処がいいの?」という質問に対して懇切丁寧に教えてくれます。
それは営業トークでもありますが、インクジェットプリンターはインクが詰まるので1週間に1回は何か印刷してください。などアドバイスをくれる店員さんも多くいらっしゃいます。
つまり何が言いたいのかというと「未知なるもの」に対して顧客は「説明や教育」を求めているということ。

制作会社側としては内容によっては有料になるケースもあるかと思いますが、もっと顧客の「教育」であったり「説明」することを意識しないといけないと僕は感じています。

 
 
Category
Webディレクション
雑記・個人的に思うこと
Tag(s)
 

コメントを残す




Trackback URL