noimage

ネットショップのSEOは「価格」と「送料無料」が重要な要素となってくるのか?

 

Web業界のみなさんならもうすでにご存じの方が多いかと思いますが、今週2つの大きなニュースが流れました。
ネットショップを運営されていらっしゃる方にはまだご存じでない方もいらっしゃるかと思い、大きなニュース2件と僕個人の感想を投稿したいと思います。

オンライン価格比較「Google ショッピング」が開始 -AV Watch
アマゾン、全商品の配送料をいつでも無料に……新サービスもスタート | RBB TODAY (ブロードバンド、ウェブのニュース)

まずはGoogleショッピングですが、日本にもついに上陸しました。
僕が注目したのは検索結果の後のインターフェースです。
「新品」のチェックボタンと後は価格で選べるようになっています。(その下にブランド名とサイト名)

※小物収納で検索した後の画面
小物収納 – Google ショッピング

このインターフェースで全てを語るまでには至りませんが、Googleの膨大な検索キーワードなどの解析からネット通販を利用する多くのユーザーが「価格」について強く意識しているとして恐らくこのような絞り込みの検索要素に決定づけたものと思われます。

日本でよく活用されているモールなどにも価格でのソート機能は実装されていますので従来の「SEOキーワード」+「価格」という観点からのSEO対策も今後ますます重視してSEOの設計を行う必要が出てくるのではと思います。


また余談ですが、
ちょっと調べてみたのですが、Yahooショッピングの商品は登録されているのに楽天の商品が登録されていないのは政治的なものを感じますねぇ・・・(苦笑
YahooとGoogleの提携ニュースについて少し述べたときのようにGoogleでもYahooのショッピング結果が表示される未来はそんなに遠くないと思われます。


※現在は質問のみ
Googleショッピングに楽天市場の商品を登録することはできますか? – Google グループ 公式ヘルプフォーラム

※Googleショッピング登録の方法
Googleショッピングに商品登録する方法|FutureShop2 虎の巻


それともう一つ「amazonの送料無料の完全サービス化」についてですが、個人的にはデフレスパイラルの入り口に見えて仕方ないのですが、サービス化されてしまったものは仕方ありません。
現在のネット通販において「送料無料」というのは今現状としてあくまで「差別化」として首の皮一枚のところがあったと思うのですが、このサービス展開により「絶対的」なものとなりそうな気がしてなりません。

特に少し前に期間限定の送料無料サービスで火花を散らしていた楽天、zozotownさらに最近ネットショップサービスに急激に力を入れ始めているYahooショッピングは今以上に送料無料を押してくるような気がしています。
こちらは上記と述べた傾向とは逆に「送料無料」という検索キーワード自体が数年後にはなくなる可能性もありうるのではないのかな?とも思っています。

ただ全ての店舗と商品が価格勝負にしないといけないかと言えば個人的に答えは「No」だと思います。
SEOは新規顧客の獲得の施策としての役割が大きいので「新規顧客の獲得」と「リピーターの獲得」の施策をしっかりと分けて対策を練る必要があるかと思います。


最後にこの記事に関して僕が強く共感を得た記事です。
4Pの時代は終わった | マーケティングis.jp

 
 
Category
SEO
ニュース
Tag(s)
 

コメントを残す




Trackback URL

2件のコメント

  • chimiochimio
    2010年11月3日 16:27
     

    ネットショップのネックって「手数料」や「送料」ですよね。

    前から感じてはいたのですが、ネットショップでも「大きいショップ」なんかは、こういった間接的にかかる費用を削るための施策を打ちやすいだろうから、顧客を獲得しやすいんだなと実感します。
    (商品件数も通常の店舗よりも多いから、検索でも優位だろうし・・・。)

    結局個人で経営している「小さなショップ」では価格競争で生き残れないから、こういった「大きいショップ」に対抗するために「専門店」としての位置づけで、商品の「付加価値」をつけながら運営していくしかないんでしょうかね・・・。

    仕事で小規模なショッピングサイト(個人運営)の制作を主としているので、こういったサイトオーナーの方々に、何かしらの生き残りのアイデアや、施策を提供できるようになっていければ・・と考えたりします。

  • 多田 英敏
    2010年11月3日 18:27
     

    chimiochimio様

    コメントありがとうございます。

    >結局個人で経営している「小さなショップ」では価格競争で生き残れないから、こういった「大きいショップ」に対抗するために「専門店」としての位置づけで、商品の「付加価値」をつけながら運営していくしかないんでしょうかね・・・。

    そうですね、専門店的な位置づけもそうだと思うのですが、「小さなショップ」は真っ向勝負ではなく、相手の脇腹突くような戦略が必要になるかと思います。

    > 仕事で小規模なショッピングサイト(個人運営)の制作を主としているので、こういったサイトオーナーの方々に、何かしらの生き残りのアイデアや、施策を提供できるようになっていければ・・と考えたりします。

    そうですね、検索エンジンを支配されると広告の要素で勝負せざるを得ないところもありますから何かしらのアイデアが必要ですよね。
    僕もこのニュース見てから色々を考えております。

    コメントありがとうございました!