女性管理職

経営陣の半分を女性にするという意見には賛成

 

女性より男性の方が気の毒:日経ビジネスオンライン

DeNAに復帰された南場さんが面白い記事を書かれていたのでご紹介。

タイトルに書いた「経営陣の半分を女性にする~」は2ページ目から書かれています。
南場さんは反対とされていますが、経営はしたことはありませんが、私なりの意見を書きたかったので反対の「賛成」と書きました。


「休んでOK」という雰囲気を会社に浸透させる


南場さんもおっしゃられるとおり
「私はむしろ男性が気の毒だと感じます。育児や家庭内のことに専念したくても、なかなか親戚や社会から奨励されない。会社では、制度はあっても「おまえ、この忙しい時期に育休?男だろ」と言われそうな雰囲気で、とても言い出せないというのが日本の実態ではないでしょうか。女性には多くの選択肢があるのに、男性は「外で頑張る」選択しかない。」

の雰囲気は確かにあると思います。

女性の上司が育児休暇を取り、休んでいる実績があれば部下が男性であっても申請しやすいでしょうし。
経営陣から実績を見せていく方が今の日本企業の体質にあっている気がします。


日本企業はもうそろそろ「いかに休んで同じだけの仕事量をこなすか」に考えをシフトしたい


団塊世代の定年退職の問題をはじめ日本の労働力は低下しています。
その中でやはり今まで通り「マンパワースタイル」では労働力の低下と共に生産性も下がっていくのは結果を見ずとも明らかです。
私自身もマンパワースタイルだったので意識改革が必要ですが
「自分が育児休暇を取るためにはどう働けばいいか」はもちろん「同僚に育児休暇をとってもらうためにはどうカバーすればいいか」
という考え方をもって働く意識改革が必要かと思います。

そういった意味で育児休暇の必要性を十分理解されている女性の方が経営陣になり、
会社全体で雰囲気・意識作りをしていく必要があるのではないかと思い、賛成としました。

 
 
Category
雑記
Tag(s)
 

コメントを残す




Trackback URL